ドライヤー

正しいドライヤーの使用方法を知っていますか?
ドライヤーも正しく使わないと髪や頭皮のダメージにつながります。

ドライヤーの熱が髪のダメージになると考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中にはドライヤーを避けて自然乾燥で済ませている方もいるかもしれませんね。

でもそれは大きな誤りです。もちろんドライヤーで髪が傷むということも正解です。
ですがドライヤーをかけるのとかけないのとでは、ドライヤーで髪を乾燥させる方が
ずっと髪にはメリットがあります。

【髪は濡れたまま放置はダメ】
濡れた髪はキューティクルが開いていて、非常にデリケートな状態です。
そのまま放置していると、摩擦によりキューティクルは剥がれパサパサで傷んだ髪になります。

ドライヤーの熱は単に水分を蒸発させるだけでなく、開いてしまったキューティクルを閉じる効果があります。
ですから、髪は濡れたまま放置せず、ドライヤーで乾燥させる事が綺麗な髪を保つポイントです。

【ドライヤーのかけかた】
ドライヤーで髪を乾かす事は大事なのですが、ドライヤーをしながらゴシゴシ摩擦をしてしまったら
元も子もありません。髪は摩擦・熱・静電気に弱く傷みの原因になります。

また、髪の毛ばかりを乾かすのではなく、しっかり頭皮を乾かす事が大事です。濡れた頭皮は
菌の温床になりやすいのです。

ドライヤーをかける前にしっかりタオルドライをしましょう。ただしここでも擦ることはせず
タオルで挟んでポンポンと叩くように水分を拭き取ります。しっかり水分を抜く事で
ドライヤーをかける時間の短縮になります。水分が抜けたらいよいよドライヤーです。

ドライヤーは頭皮から20cm程離してかけましょう。1箇所にばかり熱風を当てずに
色々と場所を変えながらまんべんなく髪を乾かします。
髪が乾いてきたら最後に冷風を当てます。この冷風でキューティクルが引き締まるのです。

ブラッシングをしたい場合は、髪が完全に乾ききってからにしましょう。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!