ノコギリヤシ

【ノコギリヤシとは】

日本には、生息していない北米から中南米に自生するヤシ科シュロ属の植物で、学名は「セレノア・レペンス」といいます。

高さ2~4mの背の低いヤシ科の植物で、ギザギザした葉をつけることから英語で「ソウ・パルメット(saw palmetto)」(ノコギリヤシ)と呼ばれています。

北アメリカに住むインディアン達がはノコギリヤシの実を強壮効果や健康維持効果があるとして食用にしてきました。

果実は脂肪酸やフィトステロールに富み、その抽出物は前立腺肥大症 (BPH) の治療薬として研究されています。

また、ノコギリヤシは中国でも「棕櫚子」と呼ばれ、古くから効能が知られており、治療薬(漢方)として利用されてきました。

【期待されている作用】

前立腺肥大症の予防・改善効果・薄毛・抜け毛の予防・改善・男性機能回復・頻尿障害

前述の通り、前立腺肥大症への研究は既に進んでいて、海外では治療薬に使用されているものの、
抜け毛や薄毛には医学的な証明はありません。

しかし、その効果を期待し、ノコギリヤシを主成分とした
シャンプーや育毛剤やサプリメントは多く存在します。

【どんな働き?】

テストステロン(TH)という男性ホルモンを5αリダクターゼTypeIIという還元酵素が
前立腺肥大の原因であるジヒドロステロン(DHT)という男性ホルモンに
変換されてしまい、このジヒドロステロンが、毛乳頭細胞にあるう受容体に結合することで
髪の成長が抑制されてしまいます。

ジヒドロステロン(DHT)は前立腺肥大だけでなく、薄毛・脱毛、そして精力減退に
密接な関係があります。
ノコギリヤシは5αリダクターゼTypeII酵素の働きを阻害し、ジヒドロステロンへの
変換を抑制してくれる事が期待されています。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!