ビオチン

【ビオチンとは】
髪や皮膚、爪の組織の健康維持に必要不可欠な
ビタミンBの一種。別名『ビタミンH』『ビタミンB7』とも呼ばれています。

皮膚の機能を正常に保ってくれるということ。皮膚の炎症の抑制や
コラーゲンの生成にも関わっており、皮膚が再生する力を高めます。
ビオチンが不足すると、抜け毛や白髪になると言われる程、髪には密接した関係のある成分です。

くるみやレバー、牡蠣やきなこといった食材に豊富に含まれています。
水溶性ビタミンなので、吸収されなかった分はすぐに体外に排出されます。
このため他のビタミンのように、過剰摂取の問題はないと言えますね。

【どんな働き?】

ビオチンは、皮膚の基底細胞下にある毛細血管を太くして血流を促し、
頭皮の調子を整え毛髪の発育機能を高める効果を期待できます。
つまり、頭皮の新陳代謝をよくし環境を整えてくれるのです。

また、ビオチンはコラーゲンの生成を促すので、健康な毛髪の生成につながります。
皿に、糖や脂質を代謝してエネルギーに変えてくれるので、糖や脂質が
蓄積して血液ドロドロを防ぎ結果的に血流がよくなります。

ビオチンはヨーグルトなどで耳にしたことがあるような
腸内細菌によって合成できる成分ですが、
ストレスや生活リズムの乱れなどで、腸内の悪玉菌が増え
ビオチンの合成が阻害され不足してしまいます。
現代社会では不足しがちな環境が多いと思いますので
積極的に取り入れたい成分です。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!