フィナステリド(プロペシア)

プロペシア(フィナステリド)は元々前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使用されていました。
男性ホルモンテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である2型5-α還元酵素を阻害することによって男性ホルモンを抑制させる働きがあります。
この働きが男性のAGA(男性型脱毛症)へ良い働きをし、育毛剤へ応用されるようになりました。プロペシアは男性にしか効果のない成分になります。

【プロペシア 内服タイプ】
育毛剤として有名なミノキシジルも日本では医薬品と認められていませんので、
医療品の内服薬として薄毛治療に効果があるとされている薬は、現段階ではプロペシアのみです。
世界60か国以上で認可・使用されています。

5αリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンと結びつくことでAGAの原因とされているジヒドロテストステロンに変換させる働きをします。この働きを抑制することが、
髪を細くしたり抜けやすくなったりさせる働きを抑えることに繋がります。

【プロペシア 外用タイプ】
フィナステリド(プロペシア)は皮膚から吸収されることがわかっていますので、
塗るタイプの育毛剤にも使用されています。内服に比べ副作用のリスクが少なく安全です。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!