体質・遺伝要素

よく、薄毛は遺伝する。という話を耳にします。またその中でも「祖父が薄毛で父はふさふさ、隔世遺伝で自分は薄毛」という事もよく言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。

実際のところは、やはり遺伝要素がかなり強いと言えると思います。各国で研究は進められて、少しづつ遺伝と薄毛の関係は明らかになってきています。その遺伝子プラス、親子で生活環境は同じ食生活になる事が多いため、髪にあまり良いとは言えない食生活を長年続けてきた結果、祖父・父親と同じように薄毛になると考えられます。

遺伝子レベルの話であれば、もうどうしょうもないじゃないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、そんな事はありません。食生活や睡眠の質などの見直しと育毛剤や育毛サプリなどの併用で体質改善を行う事で頭皮環境を整え、毛髪の生成を促していく事ができます。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!