年齢による違い 

20代30代40代50代60代70代と年代ごとに薄毛の原因に違いがでます。

【20歳未満(10代)の薄毛】

10代の薄毛の原因は、にきびのように、成長期のホルモンバランスの乱れやファーストフードなどジャンクフードを多く食べること、夜更かしによる睡眠不足やスマホやパソコンなどの長時間の使用による自律神経の乱れなどが考えられます。

とはいえ、10代での薄毛はそう多いものではないと言えます。

【20代~の薄毛】

早い人だと、20代前半で薄毛(AGA)と呼ばれる症状が始まります。20代後半から徐々に増えてくる傾向があります。理由として喫煙や社会に出る事によるストレス、仕事による不規則な生活、栄養素が不足しがちな食生活、慢性的な運動不足など10代と比べて生活リズムが崩れやすくなる事が1つの要因になるでしょう。

【30代以降の薄毛】

35歳前後では約40%の男女に薄毛や脱毛などの症状が起こっています。30代からホルモンバランスの影響でAGA(男性型脱毛症)が増えてきますが、そもそも薄毛は進行性のものです。なので20代のうちに始まっていたものの気が付くのが遅れて30代では立派な薄毛になった・・・という事もあります。

上記の事から特に男性の頭皮ケアは20代前半から始めても全く遅くないという事です。女性の薄毛は産後や更年期時期など、ホルモンバランスを崩しやすい時に増えますので30代中盤位から始めても遅くはないでしょう。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!