睡眠

【睡眠不足でまず始めに影響をうけるのは「髪の毛」】

休息・修復・成長の時間である睡眠は昼に受けたダメージを修復するなど、私たちが元気に活動するには重要な時間です。

睡眠中は、副交感神経が優位になる事で、成長ホルモンが盛んに分泌されます。この成長ホルモンは、その名の通り「成長を促進するホルモン」で、髪だけではなく体中の組織の成長・修復を促しますが、年齢と共に減少するホルモンです。

年々減っていくにも関わらず、社会人は仕事などで睡眠不足になちがち。結果、成長ホルモンの減少に拍車をかける事になってしまうのです。

睡眠不足が続くと、体の様々な機能が低下するなど影響がではじめるのですが、最初にその影響をうけるのが髪や頭皮への修復改善機能と言われます。いちばん生命維持に遠いとこから機能を低下させて重要なところへのエネルギーを温存という生命体の活動維持の為の自然な流れなのでしょう。結果、睡眠不足が薄毛への大きな要因になる事は間違いないと言えます。

【寝る前のプライαで違いがでる】

健康な髪の育成に必要不可欠な成長ホルモンは、睡眠開始からおおよそ30分程度で分泌されはじめ、更に30分位で成長ホルモンの分泌がピークに達します。その後、2~3時間おきに分泌が続きます。

特に眠り始めてからの1時間は髪の毛の成長もピークと言える時間です。そのピークの時に必要な栄養素が不足していたら成長ホルモンが分泌されても、髪を生成する事ができません。ですので寝る前に育毛サプリなどで髪の生成に必要な栄養素を補給しておくと、睡眠の価値が更に増すでしょう。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!