育毛に良いとされる食べ物「牡蠣」

亜鉛を多く含む「牡蠣」

育毛に注目されている亜鉛は、味覚の正常化をはじめ、皮膚や髪の健康、アルコール分解、性機能維持など幅広い役割がありますが日本人にとって一番不足しがちな栄養素でもあります。

どんなにバランスのよい食事を取っても亜鉛がない限り髪の毛の組織は作られません。亜鉛がなければ、たんぱく質の合成ができないからです。髪の毛はケラチンというたんぱく質でできています。亜鉛がないとたんぱく質が合成できないので、抜け毛が増え、新たな髪が生えてこないという悪循環が生まれるのですね。

その為、亜鉛不足では抜け毛が目立つようになるのです。

さらに牡蠣には育毛効果が期待できる成分で名高い「リジン」も含まれています。リジンはミノキシジル系の育毛剤との相乗効果や、髪の成分であるタンパク質ケラチンの生成をサポートをしてくれる重要な成分。

「亜鉛」と「リジン」は育毛には絶対かかせない栄養素で名高いです。
これを同時に両方取れる牡蠣は他栄養素も非常に豊富に含まれているので
積極的に摂りたい食材です。

もう1つ、嬉しい事に、亜鉛は加熱しても失われる事がありません。
牡蠣は生で食べると食中毒になる危険性をはらんでいます。
毎年流行する「ノロウイルス」も牡蠣が持っているウイルスです。

加熱することでこのウイルスは感染性を失いますので、
生牡蠣に不安を感じる方は加熱して食べてOK。

ちなみに、牡蠣は「生食用」「加熱用」と明確に分かれています。
生食する場合は必ず「生食用」の表示のものを食べてくださいね。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!