髪の毛のメカニズム

髪の太さは個人差が大きく、人種によっても大きく左右されます。

【太さ】
髪の毛を輪切りにしてみると、あの細い髪の毛は実は3層にもなっています。
一番表面は毛小皮といい「キューティクル」と呼ばれる部分です。
このキューティクルが剥がれるとパサつきや切れ毛などの髪のダメージがおこるのです。

真ん中の層は毛皮質(コルテックス)です。このコルテックスが髪の大部分を占めます。
このコルテックスの量で髪の「太さ」や「硬さ」が決まります。さ
らに髪の色もこのコルテックスで決まります。コルテックスが減ってくると「白髪」になるのです。

中心部は毛髄質(メデュラ)といいます。空気を含んでいて髪のコシを出すと言われています。

平均的な日本人の髪の太さは0.07mmと言われます。
もちろん個人差が大きいので人それぞれではありますが、
髪の太さは女性で30歳前後、男性で20歳前後がピークです。

【クセ】
日本人の髪は「直毛」「太め」と言われています。直毛の髪の断面は円形です。
欧米人に多く見られるウェーブがかった髪は断面が楕円形をしています。
黒人に多い縮毛は、さらにそれを潰したような細い楕円形になっています。

黄色人種は直毛の割合が多いものの、それでも黄色人種の約7割がクセ毛といいます。
平均して10万本の髪量を持っていますが、これは他の人種に比べると少ないです。

白色人種は頭髪の量は約14万本で黄色人種に比べば多いものの、髪の太さは0.6mmと
若干細い傾向があります。

黒色人種は髪の量、太さともに白色人種とほぼ同じですが、ウェーブが強くボリュームが
出るので量が多く見える特徴があります。

人種で髪の雰囲気が随分違うのは、このようなメカニズムがあるからなのですね。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!