AGA 病院での治療

AGAを病院で治したいという方もいます。
しかし自由診療の為、病院別に料金は異なり、高額になりやすいネックがあります。
病院が他のサロンなどと違う一番のうりは処方箋薬を処方できるというところにあります。
「医薬品」で治療できるのは病院だけの特権です。
費用を少しでも抑えられるよう、2015年4月より国内初の後発医薬品
(ジェネリック医薬品)の販売が開始されました。

主に、内服薬・外用薬で治療を進め、場合によっては注射や
その他の方法を併行して行い複合的に改善をめざします。

また医療機器や専門機関との提携が充実しているので、
検査や分析など徹底的に情報を取得し、様々な方法で病態や病因の解明に役立てます。

また、AGA治療は皮膚科で行っている場合が多く、AGA治療のみならず
しわやたるみ等の治療も同時に行う事ができる事が多いです。

【KERASTEM(ケラステム)毛髪再生】
自身の脂肪から抽出した幹細胞を頭皮に注入する毛髪再生医療です。
KERASTEM(ケラステム)毛髪再生は、アメリカで開発され、臨床研究により有効性・安全性が確認されている最新の毛髪再生治療です。

【HARG療法】
HARG療法は「幹細胞」から抽出された150種類以上の「成長因子」を直接頭皮に注入します。 同時にHARGカクテル (ビタミンB、ブフロメシル、システィン)も注入いたします。注入された成長因子やHARGカクテルは、毛包を蘇らせ、毛母細胞を強力に刺激して、発毛を 促進させます。

【育毛メソセラピー】
育毛メソセラピー薄毛部位にレーザーと超音波を用い、発毛育毛に必要な成分を浸透させる治療法です。クリニックによって注入する溶剤が違います。ハーグ療法とかなり似ていますが、注入する主成分に違いがあるようです。ハーグ療法では育毛メソセラピーで注入する他、主成分として幹細胞から抽出した細胞成長因子も注入します。しかし最近は育毛メソセラピーでも成長因子を注入するところもあり、実質的な差があまりないようです。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!