ビアンドTOP >ヘアケア編

ドライヤー

正しいドライヤーの使用方法を知っていますか?
ドライヤーも正しく使わないと髪や頭皮のダメージにつながります。

ドライヤーの熱が髪のダメージになると考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中にはドライヤーを避けて自然乾燥で済ませている方もいるかもしれませんね。

でもそれは大きな誤りです。もちろんドライヤーで髪が傷むということも正解です。
ですがドライヤーをかけるのとかけないのとでは、ドライヤーで髪を乾燥させる方が
ずっと髪にはメリットがあります。

【髪は濡れたまま放置はダメ】
濡れた髪はキューティクルが開いていて、非常にデリケートな状態です。
そのまま放置していると、摩擦によりキューティクルは剥がれパサパサで傷んだ髪になります。

ドライヤーの熱は単に水分を蒸発させるだけでなく、開いてしまったキューティクルを閉じる効果があります。
ですから、髪は濡れたまま放置せず、ドライヤーで乾燥させる事が綺麗な髪を保つポイントです。

【ドライヤーのかけかた】
ドライヤーで髪を乾かす事は大事なのですが、ドライヤーをしながらゴシゴシ摩擦をしてしまったら
元も子もありません。髪は摩擦・熱・静電気に弱く傷みの原因になります。

また、髪の毛ばかりを乾かすのではなく、しっかり頭皮を乾かす事が大事です。濡れた頭皮は
菌の温床になりやすいのです。

ドライヤーをかける前にしっかりタオルドライをしましょう。ただしここでも擦ることはせず
タオルで挟んでポンポンと叩くように水分を拭き取ります。しっかり水分を抜く事で
ドライヤーをかける時間の短縮になります。水分が抜けたらいよいよドライヤーです。

ドライヤーは頭皮から20cm程離してかけましょう。1箇所にばかり熱風を当てずに
色々と場所を変えながらまんべんなく髪を乾かします。
髪が乾いてきたら最後に冷風を当てます。この冷風でキューティクルが引き締まるのです。

ブラッシングをしたい場合は、髪が完全に乾ききってからにしましょう。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

頭皮マッサージグッズ

頭皮のマッサージケアに使用されるグッズをご紹介します。

【シャンプーブラシ】
汗や皮脂など、指先だけでは届きにくい地肌の汚れをしっかりと落とす事ができる、
シャンプー時に使用するブラシです。
水に強いシリコン製のものが多く、余計な力を加える事なく適度な力で汚れを落とせます。

【ヘアケアブラシ・スカルプケアブラシ】
柔らかい毛先で髪をとかすだけで、地肌にも心地よい刺激が伝わるブラシ。
洗髪前に使用する事で汚れを浮かせ血行をよくします。

【電動ブラシ】
振動を発するブラシで、頭皮を心地よく刺激し、磁気や振動によって髪の絡まりをほぐし
ツヤめく髪にしあげます。

中にはLEDを搭載し、電気の力で超音波や低周波など独自の振動を与えながらフォトセラピーができる
ものもあります。

【美容液・オイル配合ブラシ】
椿オイルやアボガドオイルなど美容液成分をクシを融合させ、髪をとかすたびに
美容液成分が髪全体に行き渡るよう設計されたブラシ。
オイルや美容液は徐々に減っていきますが、最終的には通常のブラシとして使えます。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

シャンプー コンディショナー その2

毎日の洗髪には髪や頭皮に刺激の少ない
良いシャンプーを使用する事が大前提ですが、
更に洗い方を変えるだけで、より効率的に汚れを落とし
頭皮環境を整えて行くことができます。

【洗髪の目的】
●頭皮や髪の汚れを落とす
●頭皮をマッサージする事で血行を促進

【シャンプーの仕方】

① 事前にブラッシングをする

髪のからみや汚れを取り除く事で、シャンプーをする時の髪の負担を軽減し
脱毛などを防ぎます。
また、事前にフケや汚れを浮かせる事で洗髪効果を高めます。
使用するブラスがやや目の粗いものが適当です。
必ず髪が乾いた状態で行いましょう。

② プレシャワーリング(前流し)

シャワーで髪を流します。実はシャンプー前の髪を濡らすという目的だけじゃありません。
なんとこのプレシャワーリングだけで髪の汚れは半分以上落ちるというから驚きです。

このプレシャワーリングは髪の表面だけでなく、頭のてっぺんから内側にかけて
しっかり流します。

③ シャンプー(頭皮マッサージ)

プレシャワーリングが終わったら、手で軽く絞りシャンプーをします。
シャンプーは髪の毛で泡立てるという事がないよう、
手で泡立ててから髪につけます。

摩擦防止やシャンプーが髪に行き渡るようにする為です。

爪を立てず指の腹で円を描くようにマッサージします。
それを耳の後ろから襟足まで忘れずに頭皮全体をまんべんなくマッサージします。

④ 後流し
頭のてっぺんから耳の後ろ・襟足なども忘れずにしっかりながします。
必要があれば、軽く絞ったあとにコンディショナーをします。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

シャンプー コンディショナー その1

頭皮環境を整えるケアの第一歩は
やはり毎日の洗髪です。毎日洗うのが良いのかどうかは
意見が大きくわかれるところですが、
やはり現代社会においては基本的に毎日髪に優しい成分で汚れを落とすことが
健やかな頭皮環境を整える秘訣であると言えます。

そこで洗い方もそうですが、シャンプーの成分にも注目。
シャンプーは洗い流すものだから
どれでも大丈夫と思っていると、そこに大きな差が生まれてしまいます。

【アミノ酸シャンプー】
なんと言ってもアミノ酸系のシャンプーは髪にはとても相性が良いです。
「グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシン」という
成分が入っているものがアミノ酸です。
アミノ酸は敏感肌やアレルギー体質の方でも安心して使える成分です。

アミノ酸は「酸」という名がついてはいますが、非常に低刺激で
肌に優しいシャンプーと言えますが、反面、洗浄力は若干劣ります。
とはいえ、洗浄成分の強力なシャンプーを使い続ける事で
皮膚を守る菌やバリアまで洗い流してしまい、却って頭皮環境を
劣悪なものにしていってしまう事を考えれば、アミノ酸シャンプーの洗浄力は
頭皮環境を守るにはちょうど良いベストなものと言えます。

髪に不要な汚れと皮脂を落としながらそれ以上のものは守ってくれる
優秀なシャンプーです。

更に肌への残留性も低く、乾燥も防いでくれるという優れものです。

そもそもアミノ酸とはタンパク質を構成する成分です。
私たちの体にはタンパク質が必要不可欠で、様々な臓器がタンパク質で構成されています。
シャンプーに含まれるアミノ酸が髪へ浸透することで、髪のダメージを修復します。
髪はしっとりとまとまりやすくなります。

ただし、洗浄力が弱い為、整髪料がついている時や著しく汚れがひどい時などは
整髪料や汚れが落ち切らない事があるので注意が必要です。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは肩こりや首のコリなどと違い、
なかなか実践する人が少ないのが現状です。

しかし、現代において肩こりや首のコリは
日本人の半数以上が日常的に気になっている症状です。
この肩・首のコリが同じ皮膚で繋がっている頭部のコリに直結します。

知らず知らずのうちに頭皮はこり、血流が滞り栄養不足になっています。
頭皮のマッサージをすることで血行がよくなり、頭皮の隅々まで栄養がいきわたります。

血流を促す事で髪の根元までしっかりと栄養を届けてくれるので、
髪は健やかで美しくにもなっていってくれます。

マッサージをする事で頭皮の新陳代謝があがり、正常なターンオーバーがされます。
古い角質や毛穴の汚れも落ち、細胞も新しく生まれ変わる事で
健康な頭皮が保たれます。

【マッサージ方法】

※ポイントと注意※

やり過ぎない事が大事です。
痛いけど気持ちが良い程度で良いです。それ以下だと意味がなく、
痛すぎては炎症などが起こる事もあります。
また強い刺激で髪が抜ける原因にもなるので、あくまでも適度な力で
優しくブラシなどではなく指の腹などで行うと良いでしょう。

① 手をグーの形にして、人差し指の関節でこめかみをグリグリしましょう。
そして、こめかみを押しながら上へと引き上げます。
血行促進の他、目の疲れを取るツボもあるので目のコリも解消されます。

② 両手の腹で耳の上をグリグリしたり上へ引き上げたりなど
マッサージをします。上へ引き上げる時は少し強めに力を入れましょう。

③ 両手で頭を鷲掴みします。そのままぐいぐいと押すように円を描きます。
少しづつ場所をずらし頭皮全体をマッサージするようにしましょう。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!