ビアンドTOP >髪のメカニズム

髪の毛のメカニズム

髪の太さは個人差が大きく、人種によっても大きく左右されます。

【太さ】
髪の毛を輪切りにしてみると、あの細い髪の毛は実は3層にもなっています。
一番表面は毛小皮といい「キューティクル」と呼ばれる部分です。
このキューティクルが剥がれるとパサつきや切れ毛などの髪のダメージがおこるのです。

真ん中の層は毛皮質(コルテックス)です。このコルテックスが髪の大部分を占めます。
このコルテックスの量で髪の「太さ」や「硬さ」が決まります。さ
らに髪の色もこのコルテックスで決まります。コルテックスが減ってくると「白髪」になるのです。

中心部は毛髄質(メデュラ)といいます。空気を含んでいて髪のコシを出すと言われています。

平均的な日本人の髪の太さは0.07mmと言われます。
もちろん個人差が大きいので人それぞれではありますが、
髪の太さは女性で30歳前後、男性で20歳前後がピークです。

【クセ】
日本人の髪は「直毛」「太め」と言われています。直毛の髪の断面は円形です。
欧米人に多く見られるウェーブがかった髪は断面が楕円形をしています。
黒人に多い縮毛は、さらにそれを潰したような細い楕円形になっています。

黄色人種は直毛の割合が多いものの、それでも黄色人種の約7割がクセ毛といいます。
平均して10万本の髪量を持っていますが、これは他の人種に比べると少ないです。

白色人種は頭髪の量は約14万本で黄色人種に比べば多いものの、髪の太さは0.6mmと
若干細い傾向があります。

黒色人種は髪の量、太さともに白色人種とほぼ同じですが、ウェーブが強くボリュームが
出るので量が多く見える特徴があります。

人種で髪の雰囲気が随分違うのは、このようなメカニズムがあるからなのですね。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

髪の寿命とヘアサイクル

【髪の毛の寿命】
そもそも髪の寿命は平均約4~6年です。
約4~6年過ぎたら抜け落ち生まれ変わるのが普通。
ですがこのサイクルが乱れるのが薄毛の原因です。

髪は「死んだ細胞」でできていると言われます。
表現がちょっと気になる方もいると思いますが、これは本当の話です。
細胞の活動がないため、髪は傷みを自分で修復できません。
パーマやカラーリングなどで傷んだ髪は、自分でケアしていかないと
どんどん痛みが進行してしまいます。

しかし、これは頭皮からでている目に見える毛の話です。
頭皮の中では毛根奥深くで活発に細胞分裂を繰り返し
髪の毛を生成しているのです。

健康な髪の毛の育成の為に頭皮にでている髪は外側からのケア
そして頭皮の中の毛は内側からのケアが重要です。

【髪が抜けるシステム】

髪の毛は私たちの体の中でも成長が早い部位とされます。
髪の毛は1日に約0.3mm伸びています。
だいたい健康な頭皮の人で10万本の髪の毛があるといいますので
1日で10万本の髪の毛を0.3mm伸ばす毛根・毛母細胞の働きはとても忙しいものです。

この目まぐるしく働く細胞ですが、体調の変化・栄養バランスの崩れ、加齢、ソトレスなどの要因で、
大変に影響を受けやすく、その働きは鈍りやすいという面を持っています。

髪の毛は約4~6年で生え変わります。この期間を「成長期」といいます。
そして成長期を過ぎると約3週間の「退行期」を迎えます。
退行期になると、髪を作るための細胞分裂は行われなくなり、
変わりに毛乳頭が小さく絞み、徐々に上部へと移動してきます。
そこから3週間過ぎると「休止期」と呼ばれる期間になります。
この休止期は約3ヶ月から半年あり、抜け落ちるのを待っているのです。
その間何が起こっているのでしょう。
実は、退行期に毛乳頭が上部へ移動してきているので、
頭皮の奥では新しい毛乳頭が作られ髪を生やす準備をしているのです。

そして、十分に準備が整ったら、新しい髪の毛が古い髪を押し出す形で
生え変わるのです。

これが正常な髪の毛の生えるサイクルですが、
サイクルが乱れると、休止期の間に新しい髪が作られる事がなくなったり、
時間がかかったりするようになります。
そして古い髪は自然に脱毛してしまい、そこには髪の毛が生えてこなかったり、
細く弱々しい毛しか生えてこないという薄毛に繋がるのです。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!