頭皮チェック その1

【色】

健康な頭皮の色はどんな色だと思いますか?実は「青白い色」なんです。
意外ですよね。顔は青白いと不健康と言われるのですが、頭皮に関しては別。
青白い頭皮が健康な頭皮と言われます。逆に不健康な頭皮とは何いろでしょうか。
「赤っぽかったり、黄色がかっていたり」は不健康な頭皮と言えます。
健康そうな「ピンクがかった」場合も頭皮に関してはNG!

頭皮の毛穴が詰まって呼吸ができていなかったり、うっ血していたり、
乾燥が進んでいる時に頭皮はこのような色になります。

【硬さ】

昔から「頭皮の硬い人はハゲる」という話をよく聞きます。実際のところはどうなのでしょうか。実はこの話は「本当」です。
触ってみてください。ちゃんと頭皮は動きますか?動く範囲がせまくないですか?

なぜ頭皮が硬いのか。1つの大きな要因に「頭のコリ」があげられます。自然に考えて、頭皮と顔とは1枚の皮でつながっていますね。その為頭皮により近い場所で起こった事が頭皮に影響しやすいのです。例えば、「眉間にシワを寄せる」「目を酷使する」「おでこにシワを寄せる」などです。また同じ姿勢で長時間作業するなどをすると肩や腰がこってきますが、それと同様のことが頭皮で起こり、「頭のコリ」として現れます。

肩こりする方は知っていると思いますが、こっている部分は筋肉が固くなっています。それが頭で起こっているので当然頭皮を触ると固く感じるのです。硬い部分は血行が悪いので、栄養素も行き届かず薄毛になっていくというように進んでいきます。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

体質・遺伝要素

よく、薄毛は遺伝する。という話を耳にします。またその中でも「祖父が薄毛で父はふさふさ、隔世遺伝で自分は薄毛」という事もよく言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。

実際のところは、やはり遺伝要素がかなり強いと言えると思います。各国で研究は進められて、少しづつ遺伝と薄毛の関係は明らかになってきています。その遺伝子プラス、親子で生活環境は同じ食生活になる事が多いため、髪にあまり良いとは言えない食生活を長年続けてきた結果、祖父・父親と同じように薄毛になると考えられます。

遺伝子レベルの話であれば、もうどうしょうもないじゃないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、そんな事はありません。食生活や睡眠の質などの見直しと育毛剤や育毛サプリなどの併用で体質改善を行う事で頭皮環境を整え、毛髪の生成を促していく事ができます。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

年齢による違い 

20代30代40代50代60代70代と年代ごとに薄毛の原因に違いがでます。

【20歳未満(10代)の薄毛】

10代の薄毛の原因は、にきびのように、成長期のホルモンバランスの乱れやファーストフードなどジャンクフードを多く食べること、夜更かしによる睡眠不足やスマホやパソコンなどの長時間の使用による自律神経の乱れなどが考えられます。

とはいえ、10代での薄毛はそう多いものではないと言えます。

【20代~の薄毛】

早い人だと、20代前半で薄毛(AGA)と呼ばれる症状が始まります。20代後半から徐々に増えてくる傾向があります。理由として喫煙や社会に出る事によるストレス、仕事による不規則な生活、栄養素が不足しがちな食生活、慢性的な運動不足など10代と比べて生活リズムが崩れやすくなる事が1つの要因になるでしょう。

【30代以降の薄毛】

35歳前後では約40%の男女に薄毛や脱毛などの症状が起こっています。30代からホルモンバランスの影響でAGA(男性型脱毛症)が増えてきますが、そもそも薄毛は進行性のものです。なので20代のうちに始まっていたものの気が付くのが遅れて30代では立派な薄毛になった・・・という事もあります。

上記の事から特に男性の頭皮ケアは20代前半から始めても全く遅くないという事です。女性の薄毛は産後や更年期時期など、ホルモンバランスを崩しやすい時に増えますので30代中盤位から始めても遅くはないでしょう。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

男女の違い

【男性の薄毛・抜け毛の原因】

男性抜け毛の要因は、多くの場合「男性ホルモンによるもの」です。また、遺伝的要素が多いのも特徴です。

男性の場合多くは、額や頭頂部など部分的に薄くなってきます。いわゆる額から脱毛が進むM型脱毛症、頭頂部から脱毛が進むO型脱毛症、M型とO型が合わさった複合型と呼ばれるものですね。いずれも毛髪がうぶ毛のようになって抜け落ち、最終的には頭皮が完全に露出してしまいます。これらの症状を「男性型脱毛症」といいます。

【女性の薄毛・抜け毛の原因】

髪が抜け落ちて頭皮が見えてしまう男性型脱毛症と比べ、女性の薄毛は「髪のボリュームが減った」「細くなった」という印象が多くなります。男性と違い女性の薄毛では、男性のように「髪がなくなる」「ツルツルになる」という事がほぼありません。

女性の場合は、局部的に薄くなるよりも、全体的に髪のボリュームは失われ頭皮が透けて見える「びまん性脱毛症」が主になります。

女性ホルモンの影響が多く、更年期以降の薄毛などはその最たるものです。男性の薄毛に比べ、改善しやすく、生活習慣の見直しだけでも随分と変わってくるでしょう。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

ストレス

ストレスのない大人はいないと思いますが、ストレスと薄毛が関係あるのはみなさんご存知ですよね。ストレスと脱毛で真っ先に浮かぶのは「円形脱毛症」かと思います。ストレスと円形脱毛症の関係は次のように考えられています。

精神的ストレスを受けると、それに反応して交感神経が過剰に働きます。これは交感神経が、心肺を早く動かしたり体温を上げるなど身体がストレスと闘う準備をしているのです。しかしこの反応が長引いたり、あまりに強くでてしまうと自律神経のバランスを崩す原因になるのです。

【自律神経のバランスを崩すと・・・】

自律神経のバランスを崩すと、胃腸障害や頭痛、肩こり、便秘、疲労感など様々な症状がでますが、
髪の毛にはどんな影響が出るのでしょうか。

それは「血管収縮による栄養不足」です。血圧や血液をコントロールしている自律神経系はストレスによる影響をとても受けやすいです。自律神経のバランスを崩すことで、血管は収縮し、血圧をあげ、血流が悪くなってしまいます。その為体は冷えますし、血液に乗って運ばれてくるはずの栄養素も不足します。

頭皮の毛細血管ももろに影響をうけることで、栄養不足になり、脱毛や髪の発育不良という事になるのです。更に、いうと胃腸障害などで食欲不振による、物理的な栄養不足もあいまって、髪の毛の発育に非常に悪い環境ができあがるというわけです。

【ストレスの緩和には】

ストレスを自覚していない場合も大変多いのですが、日頃から「良質の睡眠」「適度な運動」「きちんとした栄養補給」を心がける事でダメージを軽減する事ができるでしょう。

・湯船にゆっくり浸かる。
・軽いストレッチをする
・寝る前にはパソコンやスマホをしない

など小さな積み重ねも大切です。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

喫煙

タバコが体に悪い事は誰もが知っている事ですが、当然、髪の毛にもマイナス要素が沢山あります。

【男性ホルモンが増える】

喫煙によってテストステロンやデヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが増加する事がわかっています。しかも10〜30%も増加するというのです。

これらの男性ホルモンは、骨や筋肉の成長に関与し、男性の体をより男性らしくする働きがありますが、その反面皮脂分泌を過剰に促したり、毛細細胞の分裂の妨げになったりすることで、薄毛の原因になることがわかっています。

多くの育毛剤や育毛サプリで男性ホルモンを抑える働きがある成分が入っているのは、男性ホルモンを抑える事で髪の生えやすい環境をつくる事ができるからです。

【ビタミンが破壊される】

タバコに含まれるニコチンは各種ビタミンを破壊します。例えばビタミンCは栄養の吸収促進、ビタミンEは血行を保つ効果があります。こういった髪の環境を守るビタミンが破壊されてしまうのは。当然育毛には大きなマイナス要因ですね。

【血流が悪くなる】

ニコチンは血小板の粘度を増し、血流の妨げとなります。また血管を収縮し血流を阻害、冷え性の原因の1つとも言われます。

そもそも喫煙は煙を吸うという事ですので一酸化炭素を体内に取り入れていることと同じです。一酸化炭素は体内に入ると、本来血液と結びつかなくてはならない酸素よりも強い力で血液と結合し、体内へ回ります。血液で運ばれてくるものが酸素ではなく一酸化炭素なのですから、体は当然酸欠になり、苦しくなるのです。そして体は酸素不足を補うために多くの赤血球を作りだし、結果血液中の成分バランスが崩れドロドロ血液になってしまうのです。

タバコ1本の持つ血流阻害の影響はなんと2時間とも言われます。当然心臓などの生命維持装置には優先的に血液が運ばれていきますので、手先・足先など末端には血液が不足します。髪の毛も同様なのです。

栄養が運ばれてこない毛根は髪を作り出す事ができず薄毛になるというわけです。

禁煙は百害あって一利なしですね。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

睡眠

【睡眠不足でまず始めに影響をうけるのは「髪の毛」】

休息・修復・成長の時間である睡眠は昼に受けたダメージを修復するなど、私たちが元気に活動するには重要な時間です。

睡眠中は、副交感神経が優位になる事で、成長ホルモンが盛んに分泌されます。この成長ホルモンは、その名の通り「成長を促進するホルモン」で、髪だけではなく体中の組織の成長・修復を促しますが、年齢と共に減少するホルモンです。

年々減っていくにも関わらず、社会人は仕事などで睡眠不足になちがち。結果、成長ホルモンの減少に拍車をかける事になってしまうのです。

睡眠不足が続くと、体の様々な機能が低下するなど影響がではじめるのですが、最初にその影響をうけるのが髪や頭皮への修復改善機能と言われます。いちばん生命維持に遠いとこから機能を低下させて重要なところへのエネルギーを温存という生命体の活動維持の為の自然な流れなのでしょう。結果、睡眠不足が薄毛への大きな要因になる事は間違いないと言えます。

【寝る前のプライαで違いがでる】

健康な髪の育成に必要不可欠な成長ホルモンは、睡眠開始からおおよそ30分程度で分泌されはじめ、更に30分位で成長ホルモンの分泌がピークに達します。その後、2~3時間おきに分泌が続きます。

特に眠り始めてからの1時間は髪の毛の成長もピークと言える時間です。そのピークの時に必要な栄養素が不足していたら成長ホルモンが分泌されても、髪を生成する事ができません。ですので寝る前に育毛サプリなどで髪の生成に必要な栄養素を補給しておくと、睡眠の価値が更に増すでしょう。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

ケラチン

【ケラチンとは】
硫黄を含んだ硬タンパク質の1つで毛髪や爪の主成分です。約18種類のアミノ酸が結合した構造になっています。

よく聞く「角質」はケラチンの別称です。髪の毛が燃えると独特の匂いがします。
温泉の「硫黄」と似た匂いですが、これはケラチンに硫黄が含まれているからです。

髪が細く切れやすい、コシや艶がない、よく抜けるという髪のトラブルは、
ケラチンの生成に役立つ栄養素を摂取できていないと考えられます。

【どんな働き?】
髪の主成分はタンパク質ですが、その大部分はケラチンで占められています。
ケラチンには軟ケラチンと硬ケラチンがあり、
軟ケラチンは皮膚、硬ケラチンは髪や爪へと変化していきます。

健康な髪はハサミでは簡単に切る事ができますが、
手で切ろうとするとなかなか切れません。
それくらいの強度はどこからくるのかというと、
細いタンパク質の繊維が無数に集まってできた結束力によるものです。

しかし栄養素が不足しバランスを崩せば、もろくなり
その結束力は失われます。切れ毛などは結束力を失った髪にでる症状なのです。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

ビオチン

【ビオチンとは】
髪や皮膚、爪の組織の健康維持に必要不可欠な
ビタミンBの一種。別名『ビタミンH』『ビタミンB7』とも呼ばれています。

皮膚の機能を正常に保ってくれるということ。皮膚の炎症の抑制や
コラーゲンの生成にも関わっており、皮膚が再生する力を高めます。
ビオチンが不足すると、抜け毛や白髪になると言われる程、髪には密接した関係のある成分です。

くるみやレバー、牡蠣やきなこといった食材に豊富に含まれています。
水溶性ビタミンなので、吸収されなかった分はすぐに体外に排出されます。
このため他のビタミンのように、過剰摂取の問題はないと言えますね。

【どんな働き?】

ビオチンは、皮膚の基底細胞下にある毛細血管を太くして血流を促し、
頭皮の調子を整え毛髪の発育機能を高める効果を期待できます。
つまり、頭皮の新陳代謝をよくし環境を整えてくれるのです。

また、ビオチンはコラーゲンの生成を促すので、健康な毛髪の生成につながります。
皿に、糖や脂質を代謝してエネルギーに変えてくれるので、糖や脂質が
蓄積して血液ドロドロを防ぎ結果的に血流がよくなります。

ビオチンはヨーグルトなどで耳にしたことがあるような
腸内細菌によって合成できる成分ですが、
ストレスや生活リズムの乱れなどで、腸内の悪玉菌が増え
ビオチンの合成が阻害され不足してしまいます。
現代社会では不足しがちな環境が多いと思いますので
積極的に取り入れたい成分です。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!

Lーリジン

【Lリジンとは】

ダイエットやヘルペスの予防などにも利用されるLリジンは、体内では十分に合成することができない必須アミノ酸です。

カルシウムの吸収、コラーゲンの形成、骨組織の生産に必要不可欠で、免疫機能を高めてくれる働きもあります。

Lリジンの薄毛・抜け毛・脱毛への効果は科学的に証明されており、今では多くの育毛サプリが発売されています。

また、集中力を高めたり、カルシウムなどの吸収を促進するほか、肝臓機能の強化などの効果が確認されています。

【どんな働き?】

Lリジンには様々な健康効果が期待されていますが、
育毛に関与するところでいうと
髪の成分であるタンパク質の生成をサポートする、
髪の生成に必要で不足しがちなアミノ酸を補充する、
ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)の
体内吸収率を上げ効果を高めるという事があります。

⇒女性の分け目の薄毛・抜け毛対策なら女性用育毛剤ビアンド!